海外ウェディングの特徴

海外ウェディングは海外で結婚式を挙げる方法ですが、どういった特徴があるのでしょうか。

まず、海外はロケーションがよいスポットが多く、ハワイ、グアム、サイパン、パリなどが人気となっています。
記念写真は国内のものだとありふれた印象を受けますが、海外ウェディングの場合は素敵なチャペルで、美しい海や歴史的建造物などをバックに撮影をすることも可能で、映画の世界のなかにいるような特別な写真や映像が撮れます。

また、海外ウェディングは世界中が式を挙げる候補になります。
まとまった休みが取れる場合には、ヨーロッパの遠くの国にまで行って、ついでに海外旅行まで満喫するようなことも可能です。
なお、海外ウェディングを選択した夫婦のなかには、ハネムーンをかねて憧れの国での式を挙げたという人も多数います。

このほか、一般に国内ウェディングは300万円程度の費用がかかる場合が多いのに対し、海外ウェディングは100万円程度の費用で済む場合が多いことも海外ウェディングの特徴の一つといえます。
なお、準備期間は早い人だと3ヵ月程度で終わりますが、じっくり決めたい人は6ヵ月程度用意しておくと余裕を残して準備を終えることができるでしょう。

また、注意しなければいけないこともあり、海外のどこを選択するかによっては、日本とは季節が異なる場合がありますし、乾季・雨季があるところもあります。
季節に合った服装をしたり、悪天候のなかでのウェディングが嫌な人は、式を挙げるタイミングとして雨季を避けるとよいでしょう。

海外ウェディングには以上のような特徴がありますが、このサイトではメリット、デメリットについても取り上げています。
海外ウェディングに興味がある方はぜひチェックしてみてください。